スルスル酵素の副作用は?真実を暴露

スルスル酵素の副作用は?真実を暴露

スルスル酵素の副作用は?真実を暴露

副作用というのは一般的に、医薬品を服用した時や医療を受けた時に、本来の作用とは別の作用が起きることを言います。

 

なので、本来、医薬品ではないスルスル酵素には「副作用」という言葉は当てはまらないのですが、それでも、飲んだ後に下痢・便秘・胃痛など、いわゆる副作用のような症状は出ないのかと心配する方もいると思います。

 

スルスル酵素を飲んで「胃が痛くなった」とか「お腹が緩くなった」という方も口コミなどを見ていると確かにいるようです。

 

しかし、このほとんどは好転反応で起こっていることが多く、体の状態が良くなる前兆だったりするんです。

 

このような症状は、胃腸の機能が弱くなっている人や、食生活や生活習慣が乱れていたり、ストレスが多い人に多く起こりがちです。

 

好転反応の場合、こういった症状は、数日あるいは2週間ほどで治まります。
その場合、副作用ではないので安心して飲み続けてください。

 

万一、長期にわたって症状が治まらない場合は、スルスル酵素が関係しているのではなく、何か病気が起きているかもしれません。

 

その場合は、すぐに病院で診断してもらってください。

 

 

 

飲む前に知っておきたい注意点や飲み方

原材料をチェック

基本的に、スルスル酵素に副作用はありませんが、食物アレルギーがある方は、原材料をすべてチェックしてから飲むようにすると安心です。

 

スルスル酵素には、リンゴや小麦も入っています。
これらのアレルギーがある方は、飲むことを控える方が良いでしょう。

 

 

 

徐々に飲む量を増やしていく

また、スルスル酵素は1日に2〜12粒飲むのが目安ですが「酵素サプリが初めて」という方は、最初からたくさん飲まずに、徐々に量を増やしていく飲み方をすれば、お腹が緩くなったりすることなく、効果を実感していけますよ。

 

 

 

妊婦さんや常用薬がある方が飲む場合

スルスル酵素は食品なので妊娠中の方も飲むことができます。
ただ、どうしても心配という方はお医者さんに相談してください。

 

また、お薬を飲んでいる方も、あらかじめお医者さんに相談してくださいね。
併用しても問題ない場合も多いですが、お薬の種類によってはその効果を弱めてしまったりする場合もあるからです。

 

 

 

スルスル酵素の安全性

スルスル酵素の原材料を見ると、合成着色料や合成保存料などの添加物は使用されていないことがわかります。

 

カプセルに使用されているのはゼラチンで、ゼラチンは豚や魚が由来ですね。

 

また、着色のためにカラメル色素を使用していますが、これはカレーやソースなどの食品に広く使われているものです。

 

WHOでは1日100mgまでなら摂取しても問題ないとされています。
スルスル酵素に使用されているのはごく微量なので全く問題ないのない量です。

 

こういったことから、スルスル酵素は安全性の高いサプリと言えます。

 

また、スルスル酵素の製造は、GMP基準認定の工場で行われています。

 

これは入荷から製造、出荷まで製品が一定の品質に保たれるように一貫した管理が行われていることを示しています。

 

国内で生産されていますから、安心して飲むことができます。

 

⇒野草の栄養と乳酸菌をギュッと濃縮!スルスル酵素の公式サイトへ