スルスル酵素の効果的な飲み方ってある?タイミングなど

スルスル酵素の効果的な飲み方ってある?タイミングなど

スルスル酵素の効果的な飲み方ってある?タイミングなど

スルスル酵素の効果を実感しやすくするためには、飲み方を工夫する必要があります。

 

スルスル酵素を飲むタイミングは食事の30分前、時間帯は朝食前が理想的です。

 

飲む量は1日に2〜12粒が目安とされていますが、一度にたくさん飲むのではなく、2〜3回に分けて飲んだ方が良いです。

 

朝・昼・晩の食事30分ほど前に、目安量の範囲内で飲むということですね。
そして、胃に早く届けるため、コップ2杯ほどの若干多めの常温の水か、できれば白湯で飲んでみてください。

 

もし、食べ過ぎ、お酒を飲み過ぎた場合は、食後に飲んでおくと良い作用をしてくれます。

 

 

 

上記の飲み方が効果的な理由

朝食30分前の摂取

スルスル酵素は食事前に飲む方が良いとされている理由には、スルスル酵素が体内の消化酵素をサポートして、たんぱく質や脂質、炭水化物などの分解を助ければ、代謝酵素が十分作られて使えるようになるからです。

 

代謝酵素が十分使えれば脂肪の燃焼もよくなるので、痩せやすい体になりますよ。

 

30分前が良いというのは、カプセルから有効成分が溶けだすのにそのくらいの時間がかかるためです。
そして、朝食前に飲むと良いのは、人間の体のサイクルと関係しています。

 

  • 4:00〜12:00=排せつ
  • 12:00〜20:00=摂取・消化
  • 20:00〜4:00=吸収・利用

 

このような時間帯に各機能が促進されるようになっています。

 

朝は排せつの時間なので、その時に酵素を補給して代謝を促すと、排せつがスムーズに行われるわけです。

 

 

 

1日数回に分けて飲む

飲む量を数回に分けた方が良いのは、スルスル酵素に含まれている「水溶性ビタミン」を効率よく摂取できるからです。

 

水溶性ビタミンは、一度に多量摂取しても尿とともに排出されてしまいます。
なので、少しずつ摂取したほうが、無駄なく体に取り入れることができるのです。

 

また、スルスル酵素に限らず酵素サプリを飲み始めるときは、体が慣れるまで、様子を見ながら飲む量を調整した方が良いです。

 

慣れないうちから多く飲むと、お腹がゆるくなり下痢を起こす場合があります。
最初は毎回1〜2粒にして、体の調子を見ながら少しづつ増やしていきましょう。

 

 

 

白湯で飲む

白湯で飲むことをオススメする理由には、体を温めることにあります。

 

体が温まると、元々の免疫力が上がるのですが、スルスル酵素を飲むと腸内環境が整うので、さらに免疫力を高めることができます。

 

また、体が温まっている方が酵素の働きも活発になるため、白湯で飲んだほうが効果的なのです。

 

 

 

食べ過ぎ・飲み過ぎ後の摂取

食べ過ぎてしまった時には消化機能が低下しますが、スルスル酵素を飲むと胃の中に残っている食物を消化する助けになります。

 

また、アルコールを飲みすぎた時には肝臓の負担が大きくなりますが、そんな時にスルスル酵素を飲むと、アルコールの分解に必要なビタミンB群が補われて、肝臓の機能をサポートすることができて、二日酔いも避けることができます。

 

 

このように、スルスル酵素はダイエットだけでなく、様々な場面でも活用できる便利なサプリなのです。

 

⇒キレイに痩せたいならスルスル酵素でダイエットをサポート