スルスル酵素で胃痛が起きる原因

スルスル酵素で胃痛が起きる原因

スルスル酵素で胃痛が起きる原因

スルスル酵素を飲むと「胃痛」が起こるって本当なのでしょうか。

 

多くの口コミの中には、まれにスルスル酵素を飲むと胃が痛くなったり、吐き気がするなどといった違和感を覚えたという方がいます。

 

このような症状が起こるのはなぜでしょうか。

 

まず、スルスル酵素を飲むと5つの酵素の働きで代謝が活発になるんですが、体の中に老廃物がたまっている人ほど、代謝が上がった時に老廃物の排出を感じ取りやすいんです。

 

その際、胃腸が弱い人は吐き気がしたり胃痛がすることがあります。
これはいわゆる「好転反応」で、老廃物をどんどん出していく過程で起きるものなので心配はいりません。

 

症状がどのくらい続くかは人によって様々です。
数日でおさまることもあれば2週間ほど続くこともありますね。

 

 

 

スルスル酵素で胃痛が起きた時の対処法

好転反応は、日頃から疲れ気味だったり体力が落ちていたりすると出やすいと言われています。

 

また、添加物の多い食品や脂っこいものをたくさん食べている人も同様です。
ですから、毎日の生活習慣や食生活を改善するところから始めましょう。

 

十分の睡眠と休養を取るようにしたり、食事のメニューは、野菜やフルーツを積極的に取り入れることができればベストです。

 

また、水分を多くとるようにすると症状が和らぎます。
ただ、体を温める必要があるので、冷たい水ではなく白湯を飲むようにしてくださいね。

 

また、胃の部分を外から温めるというのもいいですよ。

 

ストレスも症状を悪化させるので、忙しくてもリラックスできる時間を毎日とって、ストレスを解消するようにしてください。

 

ストレス解消は週末に一気にすると返って疲れてしまうので、毎日些細なことでもいいので、自分がリックスできることをしてストレスを解消したほうがいいです。

 

もし、いろいろ試してみても胃痛や不快感が長く続くようであれば、無理をしないでいったん飲むのをやめてみてください。

 

もしかしたら、スルスル酵素のせいではなく、ほかの病気が関係しているのかもしれません。
病院に行って、お医者さんに相談してから再開するかどうか決めてくださいね。

 

 

 

スルスル酵素のおすすめの飲み方

スルスル酵素は食前に飲むと消化を助けてくれるので、できれば20〜30分前に飲むのがオススメです。
また、飲む時にはコップ1杯の常温の水か、白湯で飲むようにしてください。

 

水や白湯を使わないで飲む方もいますが、そうすると成分が胃の中で溶けずに喉の部分に残ってしまうことがあります。
コップ2杯程度の多少、多めの量の白湯や水で飲むことで、早く胃に届くのでオススメです。

 

もし、胃痛がする時には、スルスル酵素の量を調整して少なめに飲んでみましょう。

 

本来は食前に飲む方が効果的とされていますが、食前に飲むと胃が痛くなるような気がする場合は、食事の最中や食後に飲んでみてください。

 

食後の服用であっても、効果を得れないわけではないです。

 

重要なことは、飲み忘れないことや、短期間で効果を実感できないからといって、すぐに飲むのを止めてしまわないことです。

 

⇒美容の専門家たちも愛用!スルスル酵素の公式サイトはコチラ